はなぶさおさむのざつぼくりんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東扇島西公園でモビならず・・・2連敗

<<   作成日時 : 2015/04/26 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の土曜日に厳しい寒さと強風で撤退した東扇島西公園のモビですが、
リベンジを果たすべく昨日の夕方に再び行ってきました。
結果は・・・・急な雨でまたしても撤退でした。(涙・涙・涙)

天気予報の「所々にわか雨が降るが、夜には天気は回復する。」に賭けたのですが、ちょうどアンテナを張り終える頃に生憎のにわか雨が・・・。
東扇島公園には屋根を備えたベンチがあるので、多少の雨ならばモビを強行可能です。
雨がすぐに止みそうならば、そのまま待機するつもりだったのですが、
遠くで雷が光っているのが見えたので、そそくさと撤収しました。
天気は予報通りその後回復したので、もう少し待てば良かったのでしょうが、
遠くとはいえ雷は怖いです。

昨晩はXYZさんのところ(http://radio.chobi.net/)にシエスタさんがご紹介下さったTDDF(Twisted Double Delta Flag)を設置するつもりでした。

ちょうどエレメント用に買った100Mの赤黒線が余っていたので、これで1本あたりおよそ23M弱のエレメントを2本作りました。
3角形の部分には、前々から持っていたワールド・ワイド製W-GR540Hをセンターポールとして使うべく、ポールを立てる為のパラソルスタンドをアマゾンで購入しました。こちらです。

BUNDOK(バンドック) パラソルスタンド(ペグ3個付) BD-633
BUNDOK(バンドック)
2012-04-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUNDOK(バンドック) パラソルスタンド(ペグ3個付) BD-633 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1基あたり\1734円と安かったですが、機能としては十分でした。
これを2基購入し、それぞれにW-GR540Hを差し込んで使いましたが、上下2箇所をネジで固定できる構造なので、4.5Mもの長さのポールを問題なく支えてくれました。

ただし設置を安定させるのに、プラスチック製のいかにも心許ないペグ(杭)が付属しているだけなので、ホームセンターなどで丈夫な金属製などの長いペグを用意された方が良いでしょう。

これと家にあった園芸用支柱を3本使って、以下のように原典に沿って設置しました。
画像


出展:「TDDF(Twisted Double Delta Flag)の実験について。シエスタさん著より

FLAGのマッチングトランスと終端抵抗を園芸支柱に取り付ける部分と、エレメントを交差させる部分には、結束バンドを使って固定させました。
結束バンドは、そのほとんどが使い捨てなので自然には優しくないですが、テンポラリーで固定させるには非常に便利だと思います。今回も様々な大きさ&長さの結束バンドを持ち込みました。

設置時にしみじみ思いましたが、これだけの大きさのアンテナを気軽に設置可能な場所を探すのが、特に都会では一番難しい課題かも知れません。

受信は前述の通り出来なかったのですが、準備として給電部にはWellbrook製のFLG100LNを使い、それでも万が一のゲイン不足用に大進無線製のプリアンプDPA-1000Waを持ち込みました。
(但し、東扇島でプリアンプを使用するとローカル中波局のお化けが出るそうなので、なるべく使わない方が良さそうです。)

来週あたりに再び時間が許すなら、再チャレンジしたいと思います。

設置しながら気がついたことを書き留めておきます。
軽い電線とはいえ、20M強(実際には約23M+@)もの長さになると、
それなりの重量になります。
エレメントを綺麗な三角形に保とうとするのと、エレメントが地面に着くのを避けるため、それなりにテンション(張力)をかける必要があります。
テンションをかけると、グラスファーバーポール(W-GR-540H)がかなりしなって曲がります。折れないかちょっと不安になるくらいです。
私は以前にGR-W-540Hを折った事があるので、力をかけ過ぎないように十分に注意が必要です。

20M以上の長さになるエレメントには、事前に三角形の頂点部分や交差部分にテープを巻くなどして目印を付けておくと、設置時の目安となります。

ただし、グラスファイバーポールを使用した場合、ポールがしなるので三角形の頂点の高さが当然ながら低くなります。高さが低くなると、低くなった分だけ余ったエレメントがだらりと地面に着いてしまいます。
それを正すべくテンションを上げると、また全高が下がるので、またエレメントがさがって・・・の悪循環に陥るので注意が必要です。

したがって、ポールを建てる前にエレメントをポールの先端に固定してしまうと、ポールがしなった分の調整がやり難くなるので、エレメントの固定は最後に回した方が良いようです。

設置はシエスタさんの原典に記載されていたように、公園の立ち木を利用するのが楽だと思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TDDF実験、雨は残念でしたね。
早速テストされる行動力恐れ入ります。
サイズ的には相当場所とりますね。
で、このサイズだとMWメインでしょうがはなぶささんの狙いは南洋でしょうか。
SW帯のどのあたりまで指向性が保たれるのか、実証されると面白いですが実際のSW受信で調べるのは大変かも。
DFS
2015/04/26 09:59
DFSさん、こんにちは。
早速のコメントありがとうございます。
狙いといっても、単にエレメント用の電線と
グラスファイバーポールが手持ちにあったので、
おっ、直ぐに作れるじゃん!じゃあやってみるか?
っていうノリです。(爆)
時報時の中波丸録りと、LA方面を記録して
自宅に持ち帰って検証するつもりでした。

この規模のアンテナとなると、設置場所も選びますし、
設置に時間もかかりますので、
ちょっとご近所のモビ用というより、ぺディ用ですね。

FLG100をもう一基手に入れて、同じコンディションで
BOGや僥lagと比較すれば有用なデーターが入手出来そうです。
準備するのが大変ですが、やるならそこまでやりたいです。
はなぶさ
2015/04/26 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
東扇島西公園でモビならず・・・2連敗 はなぶさおさむのざつぼくりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる